世界中で問題になっているうつ病、みんなで治そう

身体の不調がある

知られていないうつ病の様々な症状

近年増加傾向にあるうつ病ですが、意外と知られていないことも多い病気です。 うつ病は精神的な病気で仕事などにやる気が出ない、眠れなくなるなどの症状が一般的に知られています。 しかしうつ病という病気は他にも様々な症状が出る病気でそれに気づかずに悪化させてしまう人も多いです。 うつ病は精神的な病気なので精神症状だけかと思われがちですが、頭痛や腰痛、腹痛や下痢などの症状も引き起こします。 さらに食べた物の味がわからなくなるなどの味覚障害も引き起こす病気でもあります。 そしてこうした身体症状はうつ病と気づかずに内科などの医療機関に相談する場合が多く、さらに異常が無いと診断されることもあります。 そうなるとさらにうつ病の発見が遅れてしまいさらに病気を悪化させる結果にもなるので、どの医療機関に行っても異常がみられなかった場合には心療内科で診てもらうことをおすすめします。

自身に少しでも変化があれば病院へ

うつ病の発見が遅れる理由としては症状が大きなものではないのでこれくらい放置していても大丈夫と勝手に自己判断してしまうのが原因です。 精神症状にしてもなんだかいつもよりやる気が出ない、疲れやすくなったなどの変化でも早めに心療内科に相談した方が良いでしょう。 また心療内科に行くのが少し不安に感じ、行きにくいと感じるようでしたら、内科でも構いませんので一度相談されると良いでしょう。 うつ病は一度なってしまうと自分ひとりで完治させるのは非常に難しい病気です。 病院できちんとしたカウンセリングや処方された薬の投与などでしっかり治療していくことが大切になります。 精神的な病気ですが、人間にとって様々な影響を与える病気でもあるのでおかしいなと感じたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。