世界中で問題になっているうつ病、みんなで治そう

悩みの相談を行なう

うつ病かもしれないと思った時は一人で悩まないでください

うつ病は現代病の一つで、いつ誰がこの病気を患ってもおかしくないのです。何故なら、現代はパソコンやインターネットの普及により、人と人が一緒に楽しさを共有したり、悩みを打ち明けたりする環境が少なくなりました。 そして、競争社会の中、一人で悶々と過ごしているうちに、なんだか最近無気力になってきた、何故だかわからないけど、生きている意味がない、というようにネガティブな思考にとらわれることがあります。 このような、うつ病の症状が現れた場合は、決して一人で苦しみを抱え込まないでほしいと思います。 誰か話しやすい人に、少しでも悩みを打ち明けることで、随分と気が楽に感じることもあるのです。家族や友人、人に頼ることも大事です。  

うつの症状があるのなら気分転換しましょう

うつ病になると、全ての行動が億劫になったり、今まで興味があったことに関心がなくなったり、症状が重い場合には自殺願望も出てきたりします。 このような症状になってしまったら、体に無理はせず、会社も休めそうなら休ませてもらうことをお勧めします。もし、どうしても休めないのなら、休日はしっかりとストレス発散をする為に、楽しみましょう。 近所の公園を散歩するだけでも心が軽くなりますし、犬や猫と触れ合うことも気分を楽にできると思います。 そして、家族や友人と会って、話を聞いてもらうだけでも、だいぶ気持ちが楽になりますので、適度にストレスを解消してほしいと思います。 うつ病の症状が軽くなるように、好きなことを思い切り楽しみましょう。